七田チャイルドアカデミー富雄教室・新大宮教室・精華教室

初めての方へ

教室及び先生紹介

資料請求

無料体験レッスン

TOP > 代表メッセージ

ごあいさつ

代表
星 雅啓

私は1987年(昭和62年)全国450教室に先駆けて七田式教育を始めました。今年で28年もの長い間七田教育を続けてこられたのは「子どもは七田の教室に預けたら間違いない」という多くの方々の信頼に支えられているからです。 それは何故でしょうか?

七田の子育てが学力第一の子育てではないからです。知識を教え込む左脳教育だけではそれ程高い人間力は育てられません。「認めて、誉めて、愛して育てる」をモットーに子どもの心を育てることを大根本にして、右脳と左脳のバランス教育=全脳教育をすすめているからです。

Mちゃんの幼稚園のクラスに乱暴な男の子が一人います。誰もあたらずさわらずと遠ざけている男の子ですが、ある時もその男の子が暴れ出してみんな逃げ回っている時、Mちゃんがそ~っと男の子に近づきハグを始めました。そしたらその男の子がすっかりおとなしくなってしまいました。お母様がいつもMちゃんにしてあげていることをとっさに行動にできる心を育てていたのです。七田教室はこんな心の豊かな子ども達でいっぱいです。

七田式の子育てを始めますと、お母様の子育てが今までの10倍わくわく楽しいものになります。お母様から笑顔が溢れる子育てになっていただくように講師陣が強力にバックアップいたします。

お母様の子育てがワクワク楽しくなり、母と子が愛情で繋がりますと、子ども達の驚異的な右脳記憶力、豊かなイメージ力、抜群の集中力等が目覚めます。

ですから大和郡山市主催の記憶力大会で毎年入賞者を出せるのです。東大、京大、阪大などにも多く合格者を出せるのです。しかも七田で育てた力をもってすれば、「やっとこさの合格」ではなく、「悠悠楽々の合格」が出来るのです。社会貢献の出来る人財をたくさん輩出しているのです。芸能界にもスポーツ界にも非凡な才能をもった七田の卒業生がたくさん進出しているのです。

アメリカの労働経済学者ヘックマンは、就学前教育を受けたグループと受けなかったグループを40年間の長きにわたって追跡調査を続けた結果、生涯獲得賃金や持ち家率などの経済面でも教育面でも就学前教育を受けたグループが圧倒的に高い投資リターンの恩恵を受けていることを証明し、就学前教育の有無が経済的、教育的な差を生み出すと結論付けてノーベル賞を受賞しています。

慶應義塾大学准教授の中室牧子氏もヘックマン教授の研究で明らかになったこととして、大人になってからの社会的成功にとって重要なのは学力やIQだけでなく、学習意欲や忍耐強さ、やり抜く力、セルフコントロール力など目に見えない力「非認知スキル」である。就学前教育を受けた子はこの「非認知スキル」が身に着くから社会的成功を収める率が高まるのではないかと考えられると述べています。

子育ての最終目標は「一人で生き抜く力のある子」を育てる事です。お金や財産を残すことは「一人で生き抜く力」を育むことにはなりません。「一人で生き抜く力」=「非認知スキル」を育てる七田教育を一日も早く始めましょう!!